Home > Essay

Essay

いつから始まりますか?

170211ankh

こんにちは。アンクです。お元気でしょうか?
日本中、大雪だったり冬将軍が大暴れな感じですね。
沖縄も、すごく寒い日が続いています。そこの笑っている方、沖縄も寒いんですよ。雪が降ってなくても寒いんです。w

アンクの店が終わって1年がたとうとしています。
例年、沖縄を訪れる方や、沖縄の地元のお客さんからメッセージをいただいたりしています。
沖縄にいらしたり、東京へ行ったときに食事をしたり歓談をしたりと、楽しい時間を過ごさせていただいています。

で、よく訊かれるのが「いつから、また始めるんですか?」というご質問。ぼくとしては、え?また始める?って考えたこともないです。という感じなのですが、たしかに、みなさんとゆっくりとお話をしているとアンクで話していたときのことを思い出します。

先日も、何年も前に、アンクで話をした方とSNSで連絡をいただいて、短い滞在だったのですがタイミングあって、帰りの飛行機の前の時間に空港でお話しました。話していると、アンクで話していたことを思い出したり、そのあと、その方の生活にもいろいろなことがあったことを聞かせてもらいました。最近は、こういう瞬間に、アンクを沖縄で開いてよかったなと思います。
沖縄にいらっしゃる前に、阿佐ヶ谷のあんくも調べてくれて、その過程で見つけた「べろんぶる」へ行かれたと言っていました。
よくよく聞くと、その日、まさに入れ違いで、ぼくも「べろんぶる」へ行ったんですよね。それから数週間して、まさかの再会でした。ご縁ですね。お話がはずんできたのですが、飛行機の時間が迫りお開きとなりました。

あ、アンクは、こういう時間の流れる空間だったんだなぁと改めて思いました。
これからは、お店としてではなく、どこかで、タイミングをあわせて、今までのように、いや、それ以上にいろいろなお話ができたらなと考えています。

みなさんから声をかけてもらいやすいように、ブログでの発信も積極的にしていこうと思います。
ぼく自身の生活をあけっぴろげにするのは恥ずかしいので、アンクという人格をつくって、主にゲイとしての生活周辺について、独断と偏見の話をしていきたいと思っています。

アンクのブログも、一度、閉めます。閉めるときには、新しい発信を始めようと思っています。
引き続き、よろしくお願いします。店のブログとしてではなく、アンクからのあれやこれやを話していければと思っています。
さらに、双方向のやりとりができたら、もっといいなぁと考えたりしています。引き続き、よろしくお願いします。

今、準備しています。アクセスしたときに画面が変わっていたら、新しい発信が始まっていると思ってくださいね。
では、また、お会いしましょう。

アンク

長い間、ありがとうございました。

長らくアンクの営業ができないでいましたが、この度、アンクを閉店することにいたしました。

沖縄には暮らしていますので、沖縄にいらっしゃるときには、ご連絡ください。
お食事、お茶など、ご一緒できればと思います。また、他のお店へご案内いたします。

阿佐ヶ谷から17年、沖縄で13年、長い間、アンクをご贔屓いただきまして、ほんとうにありがとうございました。また、どこかでお会いしましょう。

たいへい

連絡先メール:ankh.okinawa@gmail.com

今年の夏も沖縄アンクで会いましょう

150822ankh

このサイトのカテゴリに「沖縄アンクで会いましょう」というコーナーがある。
沖縄のアンク関連の記事をまとめている。

毎年、同じ時季にとる休暇というのがあって、この休暇を利用して沖縄を訪問してくれる人が多い。
毎年の習慣のようになっている方々も多くて。とくにこの夏の季節は、まとまった休みがとりやすいのと、
沖縄がハイシーズンなので訪れる人が多い。

先々週も、思えば、開店の年からほぼ毎年来てくれているので12年以上のおつきあいの方が来沖。
平日だけの日程だったのでアンクは休業。せっかくなのでということで食事をすることになった。
この方を中心のネットワークで4名。
那覇市内某所にあるお仲間さんがオーナーのコジャレたおいしいワインとチーズのお店へ。
ぼく以外は、東京での飲み友達。しかし、そのお店は、もう無いとのこと。
本人は東京。もうひとりも東京。(この方も、アンクへいらしてる方でした)
もうひとりは長い東京暮らしを終えて沖縄に戻ってきてる方で、2年ぶりの再会とか。

最初は、突然知らない人間(ぼくね)が入ったら悪いかなと思ったのだけれど、
要らない心配で、、、楽しい時間になりました。

9月に入ったころに休みをとる人も多く、毎年、この時期に沖縄に来たときにアンクで会ってるうちに、
日程がずれると「残念」ということばが出てくる関係性が生まれたりと、10年以上の時間は、楽しい人つながりというプレゼントをくれた。

来週は、9月4日の週末は、韓国へ行きます。なので、お休み。この時期、ほんとうは休んじゃいけなかったなぁと思ったけど、ま、仕方ない。
この韓国旅行も思えば、ちょっとしたことがきっかけで長く続いている人つながりにまつわる話がある。
帰ってきてから、機会があれば、お話したいかもな。w

重なってしまった夏の常連さんとは、前後の平日に、ぜひごはんしながらゆんたくをしたいと思う。
このサイトに「アンクで会いましょう」というカテゴリをつくったからではないと思うけど、
無意識に楽しみにしている再会が続くアンクの夏も、そろそろ終盤戦。^^

8月は、国内からの観光客のみなさんも増える月です。
今月は、基本的に金、土と営業いたします。

アンクの8月の営業予定
1日(土)

7日(金)
8日(土)

14日(金)
15日(土)

21日(金) ※休業
22日(土)

28日(金)
29日(土)

※営業時間 2200〜0200 ですが、クローズはのびるときもあります。
※9月4日(金)、5日(土)はお休みします。

croissant

croissant

先週末、クロワッサンをもらった。勤めていたパン屋さんをやめて独立する先輩について、一緒に退職してお店を始める人が、商品の試作を重ねているうちのひとつ。
翌日、朝、起きてから食べた。すごくきれいに焼かれていて、ぼくが好きなクロワッサンのイメージよりあっさりしているんだけど、ひとつ完食すると、なにかじわーっと心にしみた。なんだろう?と思った。作り手の真っ直ぐな気持ちが伝わったんだと思った。食べた人が、好きになるクロワッサンだと思った。
このクロワッサンは、自分のお店ではないけれど、先輩のお店にとっては、すごく力強い武器になるなと思った。

思えば、この人は、アンクが始まったばかりのころから、顔を出してくれた。10年くらいまえに、パン屋さんへ転職しようか迷っているという話を聞いたことがあった。迷う理由は、自分に向いているかということと、年齢が若くないから、、、など、いろいろと話しを聞いた。「でも、やりたいんですよ。ずっとやりたかったんですよ」と言っていた。

ぼくは、やればいいよ。と言った。それも不安そうだったけれど、やらないでいると、また、やりたいと思ったり、やればよかったと思うよりは、やったほうがいいというようなことを話したと思った。その時、毎朝、食卓に笑顔をつくるパンを作りたいようなことを言っていたなぁ、、、それから、パン屋さんへ入って、1から仕事を覚えて、1人前になってからは、それは忙しそうで。毎朝4時とかに出勤するとか言ってたような、、、職場の人との人間関係に悩んだこともあったようだけれど、彼の誠実な仕事ぶりは、そういう問題を自然と解決させていた。

ついこの間、ある高名な経営者を父にもつ女友達がお父さんに言われたことばを教えてくれた。
「●●(その人の名前)、やれば反省、やらければ後悔だよ」「失敗は、できるまでやれば、途中のできごとにすぎないよ」
このことばを、あの時に知っていれば、かんたんに伝えられたな。なによりも、ぼく自身に言われているようにも感じた。元気になるよね。w

そういえば、新しいパン屋さんをどこでやるのか、いつからやるのか、ちゃんと聞いてなかったけれど、今度、なんとなく聞いたあたりへクロワッサンを買いに出かけてみようっと。

アンクの7月の営業予定
3日(金)
4日(土)

10日(金)
11日(土)

17日(金)
18日(土)
19日(日)

23日(金)
24日(土)

31日(金)
8月1日(土)

読書も楽しいけれど、たまった本はどうしたらいいのか。

アンクも沖縄の店らしいところもあって、毎夏、沖縄でバカンスを、という人が寄ってくれます。開店の頃から毎夏来てくれる人は、かれこれ10年、10回以上来てくれてることになります。滞在中、毎晩、来てくれる人も多いので、数えられないし。
離れてる時も、なんとなくSNS上でやりとりしてるので、親しくさせていただいてる人も多い。

バカンスの時期が、毎年重なる人たちもいて、年に1回、沖縄のアンクに来てる時だけ話をしていて、たまにスケジュールがずれて会えないと、お互いなんとなく物足りない感じを抱くらしい。とてもよくわかる。

そういう人同士は、また、偶然に共通の趣味とかが見つかり、会話も弾み、深まる。

じゃ、家の本を、たいへいさんへ送ります。いや、それも、ちょっと。^^;
(でも、読みたいではある、、、読む時間が足らなくなってきた人生後半w)

いつもと変わらず、、、w

昨日、アンクに荷物を届けてくれたみたいで、不在通知がありました。
ん?なんだろう、、、と思いながら、きょう、受け取りました。

開けたら、

image-1

え?だれ??
情報があって、送ってくれた方もわかりました。ノンケさんだけど。^^

この人、いつも、周りの人をあげるというか、みんなが幸せになるように生きているかっこいい人です。
感動しますよ。^^

「阿佐ケ谷の愉快な人々」って書いてますが、この人がいるから「愉快」だし、ま、みんな楽しい。だはず。w

お祝いとか、、しないんだけけど。その心意気が伝わって、うれしかったです。
で、しばらく飾らせてもらいます。

image

11月1日から、11年目が始まりました。
その前の日も、この日も、きょうも、、、いつものアンクです。
でも、このいつものアンクだから、やってられたんだろうな、って思います。

そんなのを許してくれて、アンクを訪れてくれたみなさん、ありがとう。
気が向いたら、また、寄ってくださいね。^^

どんな人がおってもエエやん!

130609inokuma_blog

猪熊工務店ってご存知ですか?
ゲイ向けのお家を立てる相談ができる工務店です。

っていうのは嘘ですが。あ、まんざら嘘ではないえど、
相談はのってくれると思うけど家は建ててもらえません。w

桜坂のGENTSのスタッフでもある九州生まれ、大阪育ちのおっちゃん。
猪熊さん、マメで、せっせとエッセイをアップしている
ブログ(沖縄移住組 エロおやじのブログ)があります。

きょう、久しぶりに覗いたら、もう感激っていうか、、、
すごい人がいるなぁ、って思う記事がありました。

記事の内容は読んでくださいね。

ヒトの生き方って、ヒトの数だけあると思います。
ま、おおざっぱには似たもの同士、集まって仲良くしたり。
あるいは、世間はフツウっていうのが大好きだから、明らかにそこから外れる人を
嫌ったり、ひどいときは迫害しちゃったりするのがヒトの歴史の常です。

迫害と闘ったグループの功績の歴史もあって、
それをなぞる闘うグループっていうのがたくさんあります。今の時代。
でも、ひとりひとりが自分の生き方を実践している!って
いうわけではありませんよね。なかなかできないから。

この平和に、安定して暮らせる生活を、やっぱり失いかねない。
生命まで奪われなくても、たとえば職場を解雇されなくても、知られたら
いつもプレッシャーというか、暗黙の圧力を感じるようになりますよね。

だから、ま、プライベートなこととして処理して、
職場や、世間では、なんの変哲も無いお兄さんの役を演じる。

(ゲイの場合、往々にしt、みなさま女優ですからね。できるんだよね。)

でも、正直なヒトっていうのがどこにでもいてね、、、
演じてるヒトからすると迷惑だったりするんだけど、
私は表も裏も無く正直に生きたい!って宣言するヒトたち。

(もしかしたら、世間にとってもかも。黙っててくれれば、
知ってるけど、黙ってるみたいな調和が壊れるから。)、

ぼくの知る限りでは、テレビやなんかにまで出て話せるヒトはいいんだけど。
世間でフツウい暮らそうという場合は、
あまり大きな声で言ってしまったヒトは、きつそう。
だから、仲間が必要なんだろうけど、その仲間も小さな世間だったりするからね。

世間って、なにかを共有しているっていうので成り立ってるところがあるから、
なにも共有しないでもいいから、自由にね、っていうのは無いんだよね。
だから、そのなかにも、ここまでは許せるけど、ここからは許せないという感情が
出たりして、居心地の悪いヒトも生まれてしまったりするんですよね。

宣言して、仲間がいないのも辛い。いても辛い、っていうイメージがあります。

猪熊さんのエッセイを読むかぎりは、この方々とっても幸せそう。
世間に対しても、やることやってるだから、うるさいこと言うな!的なところがすてき。

どんな人がおってもエエやん!

ほんとに。自分なんかは、見た目も、本音も、自分を出せないから、すごくびっくり。
いや、感動しました。直接、お話も伺いたいなぁ、、、

あとさ、大きな声で言ってしまったり、みんなで社会を変えよう!っていうヒトたちに
対して、いい悪いを言ってません。ぼくはできないけど、そういうヒトが周りにいっぱいいるし。
陰ながらではあるけど、応援しているグループもあります。
ぼくのこと、アンチ〜って決めつけないでね。アンチじゃなくて、アンクだから。w

沖縄移住組 エロおやじのブログ
人は、それぞれ、人の趣味(性癖)は、もっとそれぞれ… 
(2013/6/8)

だれもわからないんだから。^^

写真

mixiのデザインというか、機能が変わってから、使い勝手がわからないのもあって、あまり開かなくなってました。
久しぶりに開いて、、、書いた覚えのない自分のつぶやきに「え?」と思ったら、twitterと連携にしてたみたいで。^^;

日記を書く人も少なくなっていて、でも、まだ、そのまま日記を書いてる人の日記を読んだり、、、さかのぼったり、、、。

ぼくは、ここ数年、いろいろありすぎたけれど、最近、少し自分をとりもどしつつあるかなぁ。なにしろ50歳越したときに、ネットでたまたま見た80歳代のチェリストの人が、一生かけて、、、みたいな話と演奏をしてて。たしかバッハの無伴奏に朝鮮して、リサイタルや録音を残しているらしい。

「ぼくは、4曲かな。この人生では、、、でも、死ぬまでやりますよ」

って発言が若々しいというか、若いとか、元気とかを通り越した光を感じました。
そのとき、50歳から数えても80歳とか90歳とかって、あと何年あるの?って思ったら、、、ほんと、ないしようか。って思いました。

今までの50年は子供時代があって、子供時代長めだったので実質半分かな。
これからの方が、もっと長いんですよ。きっと。w

今までは、なんとなく周りの人に関わることが多かったけど、もっと自分に関わっていくというか、評価とかにふりまわされないようにいきたいなって思ったんですよね。この評価とか、評判とか気にするとやばいからね。

これね、10年くらい前にも思ったんだよね。で、そう思ったのがきっかけで沖縄に来ることになったと思うんだけど。気づいたら、沖縄でも、同じことをくりかえしていたかもしれないって思った。そのときは、まだ、評価とか評判が気になっていたんだと思う。

でもね、沖縄がすごいのは、そのことに気づかせてくれることかな。評価とか評判の存在を知らないような人もいっぱいるしね。w
mixiも正直。この間、音楽会の告知以外の日記がほとんど無いからね。

こんどは、だれにも邪魔されず、あと50年やりたいことをやろう。^^

ま、あとどれだけ生きてるかってわからないからね。
きょうは、そういうことをふと思い出す日でもありました。
きっと、いろんなところへ行って「きょう、何の日か覚えてます?」とか、煙を薫らせながら言ってそう。w

そうそうこの人との出会いも沖縄でした。^^

マイミクさんの日記を少し読んでて、ここはここでなにか大事なコミュニケーションがあったな、って再認識しました。
そうそう、メッセージとかももらったままになってたりしてました。返事が遅くなってごめんなさい。

今年もあと少しですが、みなさんよいお年をお迎えくださいね。
来年も、また、どこかでお話したいですね。

※そうそう、(ア)ですが、いろいろな風評がとんでいるようですが、、、なんとなく毎日、やってます。営業時間短いですけど、話をしているときはだらだらと今まで通りしてますから。思いだしたら寄ってくださいね。

ホーム > Essay

Feeds
Meta

Return to page top