息を吸って吐く

人は息を吸っているから吐く。息を吸って吐いているから生きている。
健康であっても、病気であっても、息ができなくなるとこの世を去る。だれでも同じ。

大病を抱えていれば治したいと思うのが人情。
周りの人は望みと諦めと持ちながら見守ってくれる。

患うとは病気と闘う。
その病気も身体の一部である。
その病気は、自分の生命の一部である。
取り除くと安心なのだろうか。

病気とともに生きるとは思えないだろうか。
病気とともに息を吸って吐く。
今の1回、もう1回と息を吸って吐いてみたらどうだろう。

最近、病気を患い思い悩む方、大切な方が旅立たれて悲しむ方と、続いてお会いして、ふと思った。

人は息を吸っているから吐く。息を吸って吐いているから生きている。
健康であっても、病気であっても、息ができなくなるとこの世を去る。だれでも同じ。