Home > Essay > 旅のメモ

旅のメモ

阿佐ヶ谷あんくの台湾旅行(9/11-9/15)

阿佐ヶ谷あんくでは、よく、みんなで旅行へ行きます。
沖縄、ソウル、、、いろいろと行きました。
これは、いわゆるグループツアーではありません。
日程と、集合場所(現地)だけを決めて、それぞれの好きな行き方で行きます。
高級ホテルのツアーの人もいれば、
特典航空券+ゲストハウスみたいな人も、みんな一緒に
ごはんを食べます。
数年前のソウルは、15人くらい集まったでしょうか。
東京だけでなく、沖縄、福岡からも、、、
今年は、台湾へ行きます。
9/11〜9/15に。
で、この期間に、台北でお食事や散策しませんか?
いつもの阿佐ヶ谷あんくの旅行です。
現地集合!で、遊びましょう。です。
くわしくは、阿佐ヶ谷あんく、または、沖縄アンクでお尋ねください。
参加表明してくださいね。そうでないと称号場所をお知らせできませ〜ん!

Continue reading

スーパーを見つけて

DSC01446.jpg
2日目にはホテルのそばにスーパーを見つけました。
そこは、もっと豊富な種類の食料と、リーズナブルな価格。
たとえば、写真のワインは2本分です。いくらだと思います?
3.6ユーロ。約500円です。
それがまたおいしいロッソのスパークリングワインでした。
プロシュート、パンチェッタなんかが入った生ハムのパックは
500円ちょっと。味も、いいですよ。

Continue reading

街の食糧品店やピッツァスタンド

DSC01424.jpg
イタリアやローマのガイドブックを見ていると、ひときwおいしそうな料理の写真が
めだちます。そりゃ、そうですね。なんていってもイタリアン料理の国ですから。
ぼくも、パスタ好きなので、ローマでは2回くらいパスタを!と思っておりました。
ところが、終わってみれば、パスタは一度も食べませんでした。(笑)
それ以上に、レストラン、というか、リストランテはもちろんのこと
ピッツァハウスすら、行きませんでした。(笑)
これも、かのようじさんの方針です。
レストランで3人が食事をすると、出費がかさむということで、このたびは
行かないということになりました。

Continue reading

ホテルさがし

DSC01425.jpg
テルミニ駅の近くには、安い宿がたくさんあります。
★★とか
★★★
★★で、よいところがみつかるといいんだけれど、こういうホテルは小さいので、人気のあるところは
予約無しではむずかしいです。
え?そうです。予約してなかったんですね。
現地で、探しました。
ヨーロッパへ行くときは、けっこうこういうの多いです。
はじめて行く土地はコワイけど、2度目以降は街の様子がわかるからね。
今回は3人だし。一応、幹事でないけど、主催がちがいましたから。
この方がホテルを予約しているわけがないんですね。

Continue reading

テルミニ駅に到着

DSC01428.jpg
ローマ、テルミニ駅までの列車の旅は、あっというまでした。
田園風景を通り過ぎていると、Kさん。
「なんか、秋田に帰ったみたい。地平線の感じとか、畑の幹事とか
 沿線の小屋とか、、、秋田に似てる。」
しばらく外を見ていたんだけど、
「見ればみるほど、似てるわぁ」

Continue reading

やっと着きました

DSC01416.jpg
東京を出てから24時間以上。
那覇を出て、20時間ちかくかかって到着しました。
Kさんは、ボストンひとる。持ち込み。
ぼくは、国内線持込義理ふぃリサイズのケース式のバッグ1個。
ようじさんは、ふつうの会社行くときみたいなかばんひとつ。
荷物を待たないので、あっというまに外へ出られました。
イミグレも、あまり混まずにあっというま。さっさと通れるイミグレでした。
このメンバーは、このへんが楽ですね。
ローマの空港は、正式名称が「レオナルド・ダ・ビンチ空港(Aeroporto Leonard da Vinci)」と
いうそうです。
通称は、「フィウミチーノ空港(Aeroporto Fiumicino)」と呼ばれています。
列車のチケットを買うときは、こちらの名前で表示されています。

Continue reading

「珍道中〜ローマ編」をはじめます

DSC01421.jpg
阿佐ヶ谷あんくのようじさんと、友人で、よく仕事を頼むデザイナーのKさんが、
ローマへ行くという話を聞いたのが、11月だったでしょうか?
10月だったでしょうか?
なんでも台北経由で行くとても安いチケットを手に入れたということでした。
彼らの出発は12月3日でした。
ふたをあけてみれば、なぜか、ぼくも一緒に飛行機に乗っていました。
その顛末と、3人の珍道中を、少し連載したいと思います。

Continue reading

ホーム > Essay > 旅のメモ

Feeds
Meta

Return to page top