Home > 阿佐ケ谷アンクで会いましょう

阿佐ケ谷アンクで会いましょう

いつもと変わらず、、、w

昨日、アンクに荷物を届けてくれたみたいで、不在通知がありました。
ん?なんだろう、、、と思いながら、きょう、受け取りました。

開けたら、

image-1

え?だれ??
情報があって、送ってくれた方もわかりました。ノンケさんだけど。^^

この人、いつも、周りの人をあげるというか、みんなが幸せになるように生きているかっこいい人です。
感動しますよ。^^

「阿佐ケ谷の愉快な人々」って書いてますが、この人がいるから「愉快」だし、ま、みんな楽しい。だはず。w

お祝いとか、、しないんだけけど。その心意気が伝わって、うれしかったです。
で、しばらく飾らせてもらいます。

image

11月1日から、11年目が始まりました。
その前の日も、この日も、きょうも、、、いつものアンクです。
でも、このいつものアンクだから、やってられたんだろうな、って思います。

そんなのを許してくれて、アンクを訪れてくれたみなさん、ありがとう。
気が向いたら、また、寄ってくださいね。^^

東京で集まりました

先週、いや、2週間たったのかな。
東京へ行ってました。里帰りです。^^

沖縄に来ると、いつも寄ってくれて、もう何年も、、、というみなさんに
声をかけて、アンクのふるさとの阿佐ケ谷で集まりました。

阿佐ケ谷には、もう、アンクはありませんが、ゲイの人がやっている
居酒屋さんとか、飲み屋さんが数軒あって、そのへんをまわりながら
歓談の時間を楽しみました。

いつも沖縄で会ってるみなさんと、阿佐ケ谷に集まれたのは
アンクをやってきた、ひとつの、足あとかなって思いました。

楽しい時間を、ありがとうございました。^^

阿佐ヶ谷にアンクはありません

阿佐ヶ谷のアンクは、11年の幕を閉じて、今は、阿佐ヶ谷にはありません。
今でも、訪ねてくれる人がいるみたいなので、ここに記しておきます。

もし、阿佐ヶ谷へいかれた方は、アンクのあったあたりにある「べろんぶる」へ行ってみてください。阿佐ヶ谷にはゲイの人がやっているおいしいお店が何軒かあります。でも、For Only Gayというわけではありませんからね。

アンクの場所がわかるなら、アンクのあとにできたお店で訊けば、「べろんぶる」の場所わかります。ここも、昔のアンクを知っている人は、びっくりするくらいきれいになっていて、、、ほんと、あのアンクは幻だったのかも。夢だったのかもって、思うくらいリアリティのあるいいお店になっているそうです。(沖縄からのレポートですので、ご自分で確かめてください。違いがあったら、ぜひ、ご報告ください)

そうそう、なんでもおいしいもつ鍋を食べたという伝説も、沖縄に伝わっています。火を使えるんだ、、、って思いました。w

え?撮影?

いや、このホームページのお問い合わせのメールアドレスがあります。
このメールは、ぼくと、阿佐ヶ谷のようじさんに届くのですが、、、この間、ようじさんあてにメールが。

新宿のTaqさんんからでした。
なんでも、Taqさんが最近、撮影をしているお部屋シリーズに、、、ゲイバーとか、ゲイシーンをってことらしいんだけど。
阿佐ヶ谷のアンクさんも、、、って内容でした。

え?阿佐ヶ谷アンク?あそこを撮影?

知ってる人は、驚くはず。まさか、、、だいたい、ね。あそこ撮影っていうか、公開していいの?って思うでしょ。

したら、メールの後半に、、、、

カウンターの半分が本で埋まり、、、すごいことになっているというのを聞いて、ますます興味が、、、、

みたいなことが書いてありました。へぇ〜、、、知っててね。でも、さすがにあの撮影はね。

ようじさんの返事が、こちらにも届きました。

カウンターの半分以上が天上まで本で埋まっていて、ちらかったままの店でよければ、どうぞ撮ってください。
たぶん日本でいちばん汚いゲイバーとして、表沙汰になるでしょう、、、、

みたいな返事をしているじゃありませんか。
え?受けるんだ。撮るんだ。ああああああ

石垣島の某店のマスターが「阿佐ヶ谷のアンクは日本でいちばん汚いゲイバーよ」って、よく言ってたけど。
ま、そうだろうな。嘘じゃないな。と思って、否定もしませんでした。
あ、否定どころか、、、自分も思うところがあって、数々のそういう阿佐ヶ谷アンクならではの数々のエピソードを披露したくらいです。(^^;

とうとう、そのベールがはがされるときが来たのかもしれませんね。
でも、話がしやすくなるかな。今まで、沖縄で「東京へもどったら、阿佐ヶ谷も行ってみます」って言う人には、よしたほうがいいですよ。って、にっこりして言いました。言い続けました。w

阿佐ヶ谷を知っている常連さんも、「ほんとうに、よしたほうがいいですよ」って言いました。
(でも、この人たちは、何回も行ってるし、これからも行きます。たぶん。でも、あえて親切で言います)

そう言われると、よけいに行きたくなる、、、、的な人が出てくるんですよ。

みんな、あきれ顔。

「じゃ、自己責任で行ってくださいね。クレームとか受付けません」と、申し上げることにしています。

撮影か、、、、(^^;

■「写真半分」お部屋パノラマ集(Cubic-VR)
http://web.me.com/taqo/TAQs_Gallery/HOME.html

阿佐ケ谷、台北、そして沖縄

ここ数週間で、阿佐ケ谷の人たちが訪れてくれました。
阿佐ケ谷アンクのマスターが、突然来たのが今月のはじめ。

そのとき、行ったのが台湾の屋台のようなお料理を出してくれる飲み屋さん。
ここのご主人は沖縄の方なのですが、この仕事の前には、長く台北で日本人向けにゲストハウスをしていました。

阿佐ケ谷アンクのマスターは、かなり台湾へ行ってまして、このゲストハウスにはお世話になっていました。
ご主人も、顔を覚えていて、なつかしい再会という感じでした。
前に来沖したときに、阿佐ケ谷アンクのマスターは、ひとりで来ているんですけど。
今回は4人で。

食べるものはあまり頼まず、ビールを呑んで、次の目的地の居酒屋へ向かいました。
そのときにチェックしたメニューが気になってしまっていて、、、数日後ランチに行きました。

おいしいんです。台湾の屋台の味をやさしくしたような感じかな。
麺類は、沖縄そばを使っていたりして、これがまた、あいます。
青菜炒めは、にんにくかころりと、2房入っていました。
まだ、お昼で、午後にうちあわせとかあるのに、食べてしまいました。(^^;
おいしいんだもん。

で、このことをtwitterでつぶやいたら、けっこう、いろんな人が行きました。
料理の写真も載せたので、反響ありでした。

ちょっと前に、阿佐ケ谷から、毎年来る夫婦(ノンケ)グループと
Oちゃんが日程が重なっているので、座れたら、ここにしようという話がまとまり、当日になりました。

先客がいて、全員は座れそうになかったのですが、4人くらいはだいじょうぶそうなので、先に来ている人間だけで入ってみようということになりました。
座れなくなった時点で、別の店へ移動しようという腹づもりでした。

Oちゃん、Oちゃんの東京の友達で、この夜だけ那覇滞在が重なった友人、阿佐ケ谷準住民みたいな沖縄のTさんと、ぼく。

結局、ホテルが遠いノンケ夫婦グループは、沖縄の知り合いと会っているうちに、こちらへまわる時間が無くなり、来ませんでした。
だから、お店が終るまで、ここで、おいしいお料理つつきながら、魔女会議まではいかないけど、ゲイだからできる会話に花が咲きました。

ここ、とてもおすすめです。
お店の名前を書くと、このサイトが検索にひっかかって、ノンケさんが読むようになると困るので、書きません。メールください。くわしい情報をお返事します。

アンクにお店のカードもあります。

阿佐ケ谷アンク11周年パーリー

昨秋の阿佐ケ谷LOFTでの芸ナイト。
また、あります。この情報を聞いたのは、阿佐ケ谷のノンケバーのマスターから。
ノンケさんの方が多いナイトになるのでしょうね。w

ゲイ、というより、芸?

asa“gay”a night
Air ANAL〜阿佐ヶ谷アンク11周年パーリーよ!〜まだまだみんな現役CAよ!〜Crazy actor?〜

【出演】
アンクママ
阿佐ヶ谷チープス
モンドナ
ジゼル
FREE(タダちゃん)
リョータ

BALISTA
ベーベーズ
YACCHI
ODENBAR-master

SHINO (harp)
なほこ (vocal)

【DJ】
MR. SAKAGUCHI
MR. YAMAGUCHI
MIKI-CHAN

2010年5月1日 OPEN / START24:00〜 @阿佐ケ谷LOFT
前売 / 当日¥3.000(2Drink付き)

前売チケットは店頭販売、ローソンチケット【L:36423】(3月31日より)、下記 WEB予約にて発売中!

http://www.loft-prj.co.jp/lofta/reservation/reservation.php?show_number=354

阿佐ケ谷でイベントをやるらしい

アンクの11周年をするって、ようじさんから電話。
で、フライヤーをつくりました。返事待ち。

でもね、これ、けっこうたいへんよ。
阿佐ケ谷アンクは店に電話が無い、携帯も持ってない、、、インターネットもつながらない。メールも届かない。
原稿確認してもらうにも出力して送るとかしているからね、、、w

やるのは5月1日。え?すぐじゃない?

早めに、告知します。
フライヤーも2案あるけど、、、どっちになるかな。

どっちが好きですか?ご意見ください。(決定に反映されるかどうかはわかりませんw)

asaGAYa ankh night!〜ヴァギーな夜〜@阿佐ヶ谷LOFT

090926yoji

9月26日東京へ行った

阿佐ヶ谷のアンクのマスターが、阿佐ヶ谷の人たちと一緒につくりあげるイベントへ。
題して「asaGAYa ankh night!〜ヴァギーな夜〜」場所は、LOFTという知る人ぞ知るライブハウス。店長さんに投げかけられて、イベントをすることになったらしい。

アンクのマスターと歌手の奈穂子は、古い友人で、うたをうたうことになった。ぼくは、彼女の3日の音楽会の仕切りに行く予定だったんだけど、急遽、1週間早く上京。「asaGAYa ankh night!〜ヴァギーな夜〜」へ参加しました。行ってみれば、奈穂子ののうたのときの伴奏を、さわったことのないキーボードでやることになって、大汗をかいた。

このイベントは、ゲイイベントなの?

まずは、女装をしている男性陣は、パフォーマー数名、出演バンドの男声が数名、阿佐ヶ谷界隈のバーのマスターたち、LOFTの男性スタッフ、、、なんだかんだで20名位いた。そのうち、ゲイは、アンクのマスターと、パフォーマーの3名。阿佐ヶ谷でよく見かける女性陣が、彼らのメークアップをしていた。観客も、ゲイは4割くらいかなぁ?

090926oppeke

LOFTの店長が、素顔の音響さんに言いました。

LOFTのマスター:●●ちゃんは、女装しないの?

音響さん:あ、俺はいいです。

LOFTのマスター:すればいいのに。大義名分があって、女装できることなんて、そうそうないよ(笑)

ちょっとしゃれたフランス風ポップスのDJあり。
大笑いのトークあり。女の子のパフォーマンスもあり、、、
いわゆる朝が夜景DQのパフォーマンス。
阿佐ヶ谷界隈のミュージシャン集合!感の内容の濃いライブあり、、、とにかく、いるだけで楽しいイベントで、気づいたら朝の4時もまわり、、、終わる?と思いきや、近所の営業の終わったマスターたちが、また、女装したり、全裸になったり、、、なかなかあけない「asaGAYa ankh night!〜ヴァギーな夜〜」でした。

好評だったようで、次回の計画が噂されています。今回、逃した方は、ぜひ!

ホーム > 阿佐ケ谷アンクで会いましょう

Feeds
Meta

Return to page top